愛犬の口から生臭いニオイがしたら要注意!!

ワンちゃんの口臭が生臭い!と感じたら

ワンちゃんの口臭が生臭い!!
 そんなことを感じたことはありませんか?

 

 もしかしたら、散歩中に何か拾い食いをしたのかもしれません。
 でも、それならば、時間の経過と共に、口臭は消えるはず。
 なのに、消えないのならば、何らかの原因があるはずです。

 

 たかが口臭でしょ?と甘く見てはいけません。
 もしかすると、ワンちゃんの健康を脅かす重大なサインなのかもしれないのです。

 

■愛犬から生ぐさ〜い口臭が!この原因は??

 

 口内のトラブルは、基本的に口内に原因があるとみるべきでしょう。
 実は3歳を迎えたワンちゃんの80%は何らかの口内の病気になっているそうです。
 そして、飼い犬の80%は歯周病の可能性があります!!

 

 自分のワンちゃんは大丈夫。そうは言えないのです。
 多くの口臭の原因は歯垢がたまり、それが歯石として固まってしまった為に起こります。

 

 ワンちゃんの歯は尖っているので、虫歯にはなりにくいのですが、歯垢がつきやすいんです。
 その結果、ケアを疎かにしていると、歯石となり、歯にこびりついてしまいます。
 こうなると、生臭い嫌な臭いを発すようになります

 

■口臭はこんな病気のサインかも!!

口臭の原因は述べましたが、一体背景にはどのような病気が隠されているのでしょうか??
 基本的は、口内のトラブルが多いですが、実は大病かも知れないんです。

 

 ○歯肉炎
 ○歯周病
 ○胃腸の病気
 ○咽頭炎
 ○糖尿病
 ○内臓の病気
 ○口の中のガン

 

ちょっと脅かしてしまいましたね。
でも・・・

■とりあえず1度は獣医さんに連れて行こう。

 

口臭のニオイが一過性のものであれば心配はいりません。
 ですが、強烈に生臭かったりする場合には1度クリニックの診察を受けることをオススメします。
 歯周病、歯肉炎などの可能性も高いですし、
 前述の通り、糖尿病やガンなどが隠れている場合があります。
 早期治療が、早期解決に導かれるので、迷ったら医師の診察を受けましょう。

■まとめ

 

 

 愛犬にはずっと健康でいてもらいたいです。
 ワンちゃんの口臭について気になったら早めの対策を、そして家庭でも出来るサポートもあります。(遅れると大変!
 日々の微細なサインを読み取り、オーナーとしてできることはして上げましょう。